早わかり!天然石のお役立ちガイド

ホーム > 天然石の豆知識 > 天然石のパワーをずっと維持させるためには浄化することが大事になる

天然石のパワーをずっと維持させるためには浄化することが大事になる

今は空前の健康ブームと言われていますが、それと同じように開運ブームと言われるブームもあるようです。
でも、開運に関してはもうかなり前から人気ですよね。
メジャーな女性誌には頻繁に開運に関する情報が掲載されています。
たとえば、結婚運や恋愛運に効果があるパワースポットですとか、若い女性たちに人気の神社巡りですとか、あと特に女子高生などに人気の占いですね。
これも数多くのものがあります。
自分の運を開こうとして、人はあらゆる方法をとるわけですが、そんな中に天然石による開運術というのもありますよね。
ようするにパワーストーンと呼ばれるもの。
これを持つことで運を開くことができる。
天然石というものは、遥か昔から存在し、長い年月をかけて大自然のエネルギーを吸収しています。
ですからそれを持つことで大自然の強いエネルギーをもらうことができるわけです。


今、本当に多くの方がこうした天然石を持っていることと思われますが、この天然石にもメンテナンス的なことが必要だったという事は、おそらく知らなかった人も少なくないでしょうね。
天然石のメンテナンス的なことと言うのは、ようするに浄化です。
浄化することで放射し続けてきたエネルギーをまたもとに戻すということ。
これにはいくつかの方法があります。
たとえば、水で浄化する方法ですね。
この時に使う水も、できれば水道水の水ではなく自然の湧き水などがいいです。
どこかそういう湧き水がある場所へ旅行へ行ったときには絶好のチャンスですね。
天然石をその湧き水にさらしておくと効果的です。
それから塩による浄化もおすすめですね。
塩というのはよくお清めなどに使うことがありますが、盛り塩というのも風水では推奨しています。
あの時に使う塩が最適ですね。
精製塩ではなく天然のあら塩がベスト。
やり方は塩の上に天然石を置いたり、あるいは塩の中に埋めて浄化します。


この他にも浄化の方法はあります。
たとえば、日光浴させるとか、音を聞かせるとか、実にさまざまです。
そうやって天然石にエネルギーをチャージさせるのですね。
いくら天然石が大自然の強いエネルギーを吸収しているからと言っても、そのパワーは永遠に続くというものでもないのですね。
ずっと身につけていると、少しずつ負のエネルギーが溜まってしまい、色や輝きがくすんでしまうこともあります。
これは人の体で表現すれば疲れている状態だと言えます。
人はいつも良いエネルギーだけを持っているわけではなく、時には好ましくないエネルギーを外でもらってしまうこともあります。
そして、その好ましくないエネルギーを持ったままで天然石に触れると、やっぱり石にも影響を及ぼすことになるのですね。
ですから天然石の浄化は必ず必要ということになるわけです。

次の記事へ

カテゴリー